何をしているの?

くりの丘では、日々生活するなかで場面を4つに分けて活動しています。ご利用者さんたちは必ずどこかに所属し、そこでお仕事をしたり日々の活動を行っていきます。そのほか、毎日午後の時間に、様々な内容のレクリエーションやミニ行事などを行っています。


 

一日の生活イメージ

●栗式会社くりの丘:受注部門 

受注部門には日々15~20名ほどの仲間が集まり、業者から受けた仕事、ボールペン組み立てや封入作業、箱 類の組み立て、部品の組み込み、その他自主製品のエコポットの材料であるパルプの作成作業(くりぺー ぱー作業)として、広告紙や不要なコピー用紙などを折る・切る・シュレッダーにかけるなどの仕事も行 います。

●栗式会社くりの丘:リサイクル部門

体験学習イメージ

リサイクル部門では、アルミ缶のリサイクル作業と地域清掃                     活動が中心で活動しています。アルミ缶は近隣の方々が持っ                     てきてくださったり、ご自宅やマンション、自治会館、小学                                         校への回収を行っています。回収した缶は分別、洗浄、つぶ                                         し等の作業を行います。また、地域清掃として天気の良い日                                         は毎日近隣の公園やくりの丘の周辺を1時間ほど歩きながら                                          ゴミ拾いを行っています。


英語学習イメージ

●ゆっくりちーむのゆっくりすぺーす

ゆっくりペースのみなさんが集まる場所「ゆっくり」すぺーすです。参加される方それぞれのニーズに対                     応して活動が進んでいきます。おさんぽや他機関から評価を受けてのストレッチなど、ゆっくりと時間が                     流れます。ただお仕事がしたいという方はもちろんお仕事も頑張ってもらいますよ。


●くり工房(自主製品制作部門)

くり工房では、かわいい手作り雑貨をつくる、まさにくりの                                         丘らしさを作ってくれている場面です。「くりの丘らしさ」                                         を考えそれをコンセプトにいろいろな商品を作成しています。                                        くりやどんぐりをモチーフにしたものが多くかわいい物ばか                                         りです。ぜひ一度商品コーナーものぞいてみてください。

 


英語学習イメージ